TOP > VISION
企業理念

有限会社mode-Duoが創業したのは2006年4月。 当時大学4年生だった代表の尾島康仁は、中学生時代にプログラミングに興味を持ち、開発を続けてきた「パソコン少年」でした。

創業前に他のベンチャー企業で腕を磨き、 自身も学生だった尾島は、2名の学生アルバイトと一緒に7畳のオフィスでmode-Duoを立ち上げ、 その後 システム開発とコンサルティングを軸に様々な分野で事業を手がけてきました。

最初は代表の尾島が力試しのつもりで始めたビジネス。 システム開発事業では上場企業をはじめとする大手企業様とのお取引も増えました。

必然的に繰り返される出会いと別れの中で、「僕らはなぜ、この会社をやっているんだろう?」という問いが生まれます。

「何をやるか」ではなく「なぜやるのか」。

考え続けた先にあったのは「ITの力を、ITを必要とする人々に届けたい」という思いでした。

私たちは、やるからにはmode-Duoを大きく飛躍・成長させ、社会に必要とされる企業に育てていきたいと思っています。 何度も失敗を繰り返しましたが、そんな中でいつも私たちの背中を押してくれたのは「へぇ、こんなことができるんですね! すごい!」と喜んでくれるお客様のキラキラした目です。

正直、IT企業としてNo.1を目指すのであれば、私たちより高い開発力と資本力を持った企業はいくらでもあるでしょう。 でも、ITを苦手とする人々や、ITがまだ浸透していない業界にITの力を届けるという点において、私たちは誰にも負けない強みを持っています。

だから私たちは、IT企業だけれど、ホテル運営代行事業も、保育事業も経営し、今後も新たな領域にチャレンジし続けていきます。 地方にも海外にも出かけていって、新しい風を起こします。

ITの力を、ITを必要とする人々に届けたい。 そしてITの力で、世界を少しずつ幸せにすることが、私たちmode-Duoが目指すことです。