HOME > 事業内容 > 不動産コンサルティング

インバウンド事業

日本におけるインバウンドをビッグデータを元に最大限に活用致します

ビッグデータを活用したインバウンド市場の分析

平成26年11月に公布され平成27年2月から施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」により、 今までは建物が建っていればよかった土地も、固定資産税を多く払う必要が出てきました
一方で、既に廃屋となった家は、再活用も難しく、また取り壊して更地から更に活用を考えることも 非常にコストがかかり多くの大家さんを悩ませています。
そんな中、日本は風前の観光ブームを迎えています。訪日外国人観光客数は毎年増加し、 当初年間2000万人を目標としていた数字も、3000万人、4000万人と、更に高い未来を見据えています。
そんな中日本は全国的にホテル不足に悩まされており、一般家庭を宿泊施設として貸し出す「民泊」が拡大しています。 当社は広がる民泊の実態を2014年から定量的に分析を行い、過去2年分約3万件の民泊データを有し その稼働率、収益性、地域における増減傾向、収益性の高いエリアなどを適切に分析できる基盤を構築致しました。
弊社はこれらのデータを緻密に分析し、最大限に活用することで、 これから更に拡大するインバウンドの需要に対し、市場の需要に即した適切な立地・物件を選ぶことで高い収益性を確保するお手伝いを致します。 お手持ちの物件やこれから民泊をお考えでしたら、始める前に一度ご相談されることをお勧め致します。


不動産運用支援

弊社では、上記のビッグデータを解析し、市場における日本のあり方を考え、民泊のあるべき姿を追求してきました。
多くの民泊施設は残念ながら、個々のオーナーの利益を追求するばかり、運営の質が問われてきました。 弊社ではそのような実態を改善すべく、ビッグデータを活用して高い収益性を出し、その一部を訪日外国人の方に 還元するモデルで、健全で、いらっしゃるゲスト様にも満足していただける運営を確立してきました。
都心部より、地方に焦点を当て、地方創生と地域活性化、そこでしか得られない体験、つながりを重視したオンリーワンの 運営をコンセプトとしております。
我々は、オーナー様とゲスト様の双方の利益を追求するために2つのルールを設けています。 1.運営費用はオーナー様の売上ではなく、利益をベースにその割合を決定する 2.ゲスト様へは売上の一部を使い、我々の判断で積極的に還元していく この2つを徹底することで、オーナー様の利益が万が一上がらない時は、弊社も運営上苦しい立場となり、 また、利益が上がっても必ず一定の割合を、現場の判断でゲスト様へ還元する事ができるため、 積極的な「おもてなし」が可能となります。  

ゲスト様を大切にし、一方で短期的な視点ではなく中長期的な運営をお考えでしたら、一度弊社までご依頼ください。

より詳しくは、Omotenashi Alliance(運営代行サービス)をご覧ください